画面交換修理をしたら買取店にバレるのかどうか?考察

記事内のフロントパネルの名称表記について

【2021年3月15日更新】

記事内に登場します液晶純正パネルは、現在、液晶再生パネルに表記を変更しております。
あらかじめご理解の上、読み進めて頂けますと幸いでございます。
なお、名称を変更しただけで、パネル自体に変化はありません。

先日、後楽園店でこんな質問を受けました。

iPhone8の画面が割れてしまったので修理を考えている。
実はiPhone7が手元にあるので、それを使ってこのiPhone8は売却しようかとも考えている。
画面交換すると、買取店にバレますか?
秋葉原の買取店に聞いたら「非正規店で修理していたら分かる」と言われたんですが。”


実際にはもっと長いご相談だったのですが、要約するとこんなようなことを尋ねられました。

こういうことですね、たまに聞かれます。

多いのは「画面修理したらキャリアに下取りに出すときにバレますか?」という質問です。

まず、大前提として、この手の質問の私の回答としては「私はキャリアショップでもその買取店でもないので、バレるかどうかは分かりません。」です。

キャリアショップの場合には、下取りに出す予定のショップに直接聞くように促しますし、買取店の場合にはその買取店に聞いてみたらどうかと提案します。

しかし、これだけでは身も蓋もないというのも分かりますので、私の表向きの回答はさておき、この質問への私の考察を今日は書いていきたいと思います。

ご興味のある方はおつきあいください。



互換パネルを取り付けた状態で買取に出すと、査定は下がるのかどうか。

買取に慣れている人であれば、一発で見抜かれます。

特に、秋葉原などの一等地にあるような買取店の店員さんは猛者なので、まず騙せないと思った方がいいです。

昔はまだ互換パネルの存在もそこまで知られていなかったので、買取店も騙せていたと思うのですが、これだけ非正規の修理店が出来て、いる現状を見ると、買取店の方も相当数の互換パネルの取り付けてあるiPhoneを見てきているはずなので、まず騙すのは無理だと思います。

教育の行き渡っていない新人の店員さんに当たればまだバレない可能性はありますが、多少経験の積んだ方は無理でしょうね。

特に、一等地の激戦区にあるような買取店というのはライバルも多くしのぎを削っている状況なので、買取の料金を結構細かく設定しているのではないかと思います。

状態のいいものであれば、結構高値で買い取ってくれますからね。

一見綺麗に見えても、蓋を開ければ互換パネルが付いていて、それを正規の価格で買い取ってしまったらどうなると思いますか?

店としては大損です。

私は実際に買取店の店員さんに聞いたわけではないので内情は分かりませんが、ちょっとiPhoneの買取の経験があるような人であれば、互換パネルあることは容易に見破れると思います。(というか、見破れなかったら、相当鈍いです。)

とりあえず、その辺は、色々査定に出して判断するのがいいと思います。

iPhoneを売却するときは、とりあえずいろいろな店に聞いてみるといいと思います。

キャリアショップに下取りを、という選択肢しか無い方もいらっしゃいますが、特にSIMフリーの端末なんかは、民間の買取店の方が高値で買い取っている場合もあります。

聞くのはタダですし、大抵の店舗は快く査定してくれます。

少しでも高く、快適にご売却できることを祈っております^^


ー追記ー

2020年7月17日更新

買取店によっては、互換パネルが取り付けられてても、マイナス査定にしないところもあるみたいです。

何故なら、そのまま再販するからですね。

いずれにしても、店舗に買取を依頼する時は、複数件回って聞いてみた方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA