水没反応のあるiPhone7のバッテリー交換

先日後楽園店にてご依頼いただきました端末のご修理事例をご紹介させていただきます。

本日の機種はiPhone7です!

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

ご相談内容は、以下の通りです。

iOS13にアップデートしたら急激に本体が発熱するようになったのと、バッテリーのもちが悪くなったので見て欲しい

早速、拝見。


設定から見られる最大容量は、76%。

確かに、劣化していますね。

80%以下になれば完全に交換時期ですので、劣化している状態です。

うちのお客様でいうと、だいたい80〜83%の間で交換することが多いですね。

80%前半になると体感としてバッテリーのもちの悪さを感じるようです。


では、実際に開けてみます。


今回の端末は、実は、水没歴がありました。

お客様にお話を伺ったところ「以前一度洗面所に落としてしまい、思いっきり水が被ってしまった」とおっしゃっておりました。

この「水没した」という部分が「アップデート後に急激に熱をもつようになった」原因になっているのかと思ったのですが、バッテリー交換後様子を見ていたところ、特に発熱も無く、異常な残量の減りなども無かったので、今回はとりあえず様子を見ていただくようにお伝えして、お返し致しました。

修理後すでに数日経っておりますが連絡はないので、今のところ問題なく動いているようです。

お客様、ご利用ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA