【鎌ヶ谷市から】【iPhoneX】画面が映らない修理:液晶がちゃんと暗くならない話

皆さん、こんにちは!

関東地方は、梅雨が明けましたね☆

暑いのが苦手で「暑い暑い」文句言う私も、ギラギラの太陽を見ると、テンションは上がります!

今年も結局、夏休みの間はほとんど緊急事態宣言に入ってしまうので、外出自粛になるのでしょうね〜。

今年も水没修理なんかは、減るんだろうな。

さて、今日は前置きを短めにしまして、ご修理事例に参ります。

今日のご修理事例は、iPhoneX。

千葉県鎌ヶ谷市からご来店いただきました☆

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

落とした衝撃で画面が映らなくなってしまったのですが、直るかどうか見てほしい

というご依頼をいただきまして、点検致しました。

画面交換で、無事映りました。

診断としては「フロントパネルの液晶故障」ですね。

今回は、iPhoneXの液晶故障→画面交換で、ご修理料金は14,990円(税込)でした。

お客様、ご利用誠にありがとうございました^^

https://iphone-terminal.com/toride/iphone-x-2

と、今日の本題はここから。

今日は、本邦初公開の話をしようと思います。

ネット上にはすでに出ているかもしれませんが、私が触れるのは初めてだと思います。

まぁそんな大それた話ではないので、あまり期待されるとガッカリするかもしれません。w

個人的には、結構面白いと思いますので、ご興味がありましたら、読み進めてくださいね☆



今回のお客様は、ご修理料金を見ると分かるように、コピーパネルを選ばれました。

この「コピーパネル」、当社のパネルの説明ページでは、このような記載が有ります。

コピーパネルはオリジナルと比べると、輝度が低いため、同じように明るくなりません。

また、コピーパネルは、液晶の表示が不鮮明なものが多いです。

ですので、コピーパネルを使い始めると「なんか暗いな」「ボヤッとするな」という印象を持たれる方が多いです。

では、今回のお客様にお出しした画面を見てみましょう。


左がオリジナルパネル、右がコピーパネルです。

こう見比べると、若干コピーパネルの方が暗い気がしますが、実際に見ると、ほとんど変わりませんでした。

コピーパネルというのは互換品のため、当社では品質を特に統一しておりません。

コピーパネルについては「お客様により安く提供する」ことを目指しているので、経費を減らすため、品質にかける労力は最低限にしています。

もちろん、コピーパネルでも、品質管理をきちんとしている店舗も沢山あると思いますよ。

あくまでも当社の話ですので、その点はご理解くださいね。

当社では、そのため、TrueToneについても、移植できるものとできないものが混ざっています。

今回のお客様の場合は、TrueToneを移植できるパネルがあったので、こちらを使いましたが、



出来ないパネルしか無いこともあります。

出来ないパネルしか無い時は、修理後にTrueToneが消失することをお客様にお伝えし、了承をいただいてからご修理しております。

こんな感じで、当社の出しているコピーパネルは、品質がバラバラなので、その都度の状況に合わせて、フレキシブルに対応しています。


「コピーパネル」と「液晶再生パネル」品質の違いのページ内でもご案内しているのですが、今回のお客様に出したパネルのように、輝度が結構しっかりしていて、一見コピーパネルと気付かないようなものもあります。

ただ、面白いことに、これ「明るいから良い」というわけでも無いんです。

どういうことか説明しますね。

先程の画面の写真に戻りましょう。


これは、どちらも明るさを最大に設定しています。

色味や鮮明さの違いはあれど、パッと見の明るさは、大体一緒であることが分かります。

では、この明るさを半分くらいに落としてみましょう。

では、どちらも最大限暗くしてみます。

さて、何が違うのか分かりましたでしょうか。

正解は「最大の暗さに設定してもコピーパネルの方はちゃんと暗くなっていない」でした。

写真を見ると分かるように、コピーパネルの方は、液晶再生パネルに比べると、最大から最小の明るさの幅が少ないです。

これも、全部が全部、そうだというわけではありません。

ただ、このコピーパネルのように、明るさがしっかりとあり一見コピーパネルと気付かないものの中には、このような「ちゃんと暗くならない」ものが多く見られる傾向にあります。

「しっかり暗くして、しっかり明るくする」というパネルを作ると、おそらくお金がかかるんでしょうね。

これの弊害は何かというと「暗闇で見たときに画面の明るさが下がらないので、目が痛くなる」ことです。

寝る前に布団の中で、iPhoneを操作するときを想像すれば、分かりやすいかなと思います。



まぁこういう明るさや色味の話をしていると「ホワイトポイントで調整すれば良いじゃん!」とか「カラーフィルタ使いなよ」という意見が飛んでくるので、明るさや色味はある程度設定で調整できることは、一応書いておきます。

コピーパネルで修理した場合、一見輝度がしっかりあるからと言って、必ずしも「明るくてラッキー♪」というわけではないということです。

コピーパネルは互換品なので、「なんでもアリ」だし「いろんなことがありうる」ということですね。

モノは値段なり、それを理解してサービスを利用することが大切ですね。

ということで、今日はこの辺にしておきますね!

楽しんでいただけたら嬉しく思います^^

では、また★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA