iPhoneXRのコピーパネルの取扱を開始しました

みなさん、こんにちは!

早いもので、もう4月ですね〜。

私の地元、茨城県取手市には、ふれあい道路という大きい道路があるのですが、この道路の一部は「桜の名所」として有名です。

2014年の動画ですが、満開の時期を撮影されているので、載せました^^

ほんの数日前に満開だったのですが、今日通ったら、既に緑の葉が付き始めていて、ちょっと切なくなりました。

ほんとあっというまですね〜。


さて、当社では、今日からiPhoneXRのコピーパネルの取扱を開始しました!

そういえば、フロントパネルの表記なんですが、「コピーパネル」と「液晶再生パネル」に再変更致しました。

先日変更したばかりだったのですが、それが、やはり「分かりにくい」という声が多くてですね。

とりあえず元に戻しました。

今週末から独立修理プロバイダー制度が始まるということで、

フロントパネルの表記については、そちらの兼ね合いとメーカーの意向を見ながら、状況や必要に応じて、最適なものを設定していこうと思っております。

ですので、お客様の分かりやすさを最優先し、とりあえずこのままの表記にしておきます。

中古端末については「iTerminal認定」に少なくない反響をいただいておりまして、嬉しい限りです。

まだ始めたばかりなので、売上が大きく上がっているわけではないですが、概ね好意的に見ていただいているみたいです。

今は他のことで忙しくて、なかなか新規出品を増やしていけていない状況なんですが、落ち着いたら、もう少し積極的に出品していけたらいいなと思っております。


話をiPhoneXRのコピーパネルに戻しますね。

iPhoneXRのコピーパネルは、正直、この修理価格では少しキツイです。

そのため、当社ではコピーパネルは取扱しないでおりました。

しかし、民間の修理店はコピーパネルへの需要が高く、最近は特に、無視出来ないくらい大きくなってきたため、始めることに致しました。

iPhoneXRのコピーパネルは、原価自体がまだ高いんですよね〜。

ただ、当社は、液晶再生パネルを取り扱っている関係で、コピーパネルはお得感を打ち出さなければならないという事情がありまして、どうしても、コピーパネルは安く提供せざるを得ません。

今まではお客様側に「非純正」「純正」の知識がないため、まずは単純に価格で魅せていくしかなかったのですが、これからは独立修理プロバイダー制度によって、お客様側の知識がつくので、今後はより一層価格競争になると思います。

ですので、全体的にコピーパネルの修理の価格が下がるかもしれませんね。

今までは、お客さんに事前説明をせず、黙って勝手にコピーパネルを取り付ける手法がまかり通っていましたが、今後、独立修理プロバイダー制度によって、お客さんに知識がついて、それが通用しなくなると思うので、価格競争が一層激化して、中途半端な価格のところはバンバン潰れていくのではないかと、私は予想しております。

まぁみんながみんな独立修理プロバイダー制度に参加して、認定店としてやっていくわけではないと思いますけどね。

認定店になりたい会社ばかりではないでしょうし、独自でやりたいところは、参加しないでしょう。

当社としては、コピーパネルの修理料金は今でもギリギリなので、これ以上下げられないのですが、原価が下げればその分を修理料金に反映致します。

今日は短いですが、いまは年度始めで立て込んでいるので、ここまでにしておきます!

必要な方がいらっしゃいましたら、iPhoneXRのコピーパネルをご利用くださいませ^^

品質は、いつも通り「コピー」ですので、品質の説明ページをご一読いただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA